*お茶の野本園紹介*

お茶の野本園はお蔭様で創業69周年

私たちの住んでいる湧水町は霧島山麓の朝霧に包まれた栗野岳や山麓の水がこんこんと湧き出す霧島山麓丸池名水など大自然に囲まれた大地でお茶造りを育んでおります。

 湧水町100%のお茶を苗1本1本から愛情を込めて育て、先祖代々3世代受け継いだ製法・技術を基に野本園ならではの~「お茶本来の爽やかな香りと柔らかい旨味」~

またひと口含んだ時の「感激!とホットこころ温まる優しい気持ち」が1人1人に伝わるようなお茶造りに励んでおります。

湧水茶とはこちら

2019「令和」初摘み新茶出来ました!!

今年の新茶は、香りも味も最高に良い出来きです。

4月23日より新茶摘みスタート致しました。

湧水町は、南薩地方比べると寒暖の差があり

山間地のため新茶摘みも2週間ほど遅れます。

山麓地帯のお茶の特徴は、大自然に育んだ爽やかな香りと自然のアミノ酸甘味・旨味がダイレクトに伝わる茶葉を生産製造しております。

今年も皆様に美味しい新茶をお届け出来ますよう

野本家一同お茶作りに励んで参ります。

 


*5月出店イベント案内*

・5月28日(天文館かご市)   時間10:00~17:00


*nomotoen tea collaboration*